第2回:税務・労務・経理トピック

今回は損益通算廃止についてご紹介いたします。

具体的には、ゴルフ会員権等を売却した際の損益通算廃止についてご紹介いたします。
損益通算廃止…。
税務に難しい言葉がつきものですね(笑)

現行の税制では、個人が所有するゴルフ会員権等を売却したときに生じた損失は、その個人の確定申告の計算上、他の所得と通算することができました。

例えば、1,000万円で購入したゴルフ会員権を現在の相場50万円で売却した場合、
50万円-1,000万円=△950万円が出てしまいますね。
これを給与等の所得金額と相殺することができるのです。
売却損分利益が小さくなるのでそれに係る納付税額は小さくなりますね♪

しかし平成26年4月1日以後に行う売却についてこれができなくなりそうです。。
会員権の含み損を抱えていらっしゃる方はこの機会に売却を検討なさるのもよいかもしれません。
ちょっとした疑問、相談等いつでもお問い合わせください♪

第2回:税務・労務・経理トピックをお読みいただきありがとうございました。
これからも旬な話題をわかりやすく、お伝えできればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします!
※この内容はメールマガジンでも配信しております。

税務・労務トピック一覧へ>>

無料メールマガジンのご案内 経理

お問い合わせはこちらから

ご相談・お問合せ

ご相談・お問合せ

お客様の声はこちら

低価格で会計・記帳経理を代行します!

駆け込み決済申告サービス