東京の記帳代行・経理代行ならお任せください!チェスナット税理士法人・チェスナット社会保険労務士事務所・チェスナットコンサルティング 株式会社

MENU

労働・社会保険手続き

労働保険・社会保険の手続きサポート

労働保険は、事業開始後、従業員を雇い入れた際には、労働保険新規適用が必要になります。
社会保険は、事業開始後、個人は5名以上、法人は設立後すぐに、社会保険新規適用が必要になります。

手続きは、職員を採用したときや退職したとき、怪我をしたとき、出産・育児・介護休暇を取得する都度発生し、職員の数が増えるほど、職員の年齢層や働きかたが多様化するほど社会保険の手続きは難しく、面倒になってきます。

またマイナンバー制度の開始に伴い、保険加入の有無が明確になりますので、該当事業所にも関わらず社会保険に加入していない場合には罰金が発生する可能性もあります。

当社では、職員さんの入退社時の手続きはもちろんのこと、その他必要に応じて手続きをサポートいたします。

>>チェスナット社会保険労務士事務所のHPはこちら

こんな方からご依頼いただいています

  • マイナンバーを機に、社会保険に加入する!
  • 職員数が増えて、社会保険の手続きが大変・・・
  • 怪我、出産など、そのつどの手続きが間に合わない・・・
  • 社会保険の手続きだけでも外注してしまいたい・・・

など、理由はいろいろありますが、多くのかたがたが労働保険・社会保険の手続きを外部に依頼するようになってきています。

保険の手続きサポート

職員を採用する場合

職員を雇った場合に、社会保険の手続きが必要です。
ただし、すべての人が適用されるわけではありませんので、そのあたりのご相談にも対応しています。

職員が退職する場合

退職する職員が加入している保険の資格を取り消す手続きをおこないます。
必要に応じて、離職証明書などの作成もお手伝いいたします。

職員が出産・育児・介護休暇を取得した場合

出産・育児・介護休暇に関する給付申請や手続きはたくさんあります。
状況に応じて必要な申請をすることで、給付金をもらうことができます。

職員が怪我をしてしまった

業務上災害や通勤途中の災害が原因で職員さんがケガや病気になってしまった場合に、労災保険を申請しておくことで、治療費や休業補償、障害補償、遺族補償などの給付金を受け取ることができます。

社会保険の手続きサポートの料金

労働保険・社会保険に関する初回相談:無料

申請書作成:5,000円~(税別)

お問い合わせはこちらから

ご相談・お問合せ

ご相談・お問合せ

お客様の声はこちら

低価格で会計・記帳経理を代行します!

駆け込み決済申告サービス


PAGETOP
Copyright © 2016- 港区 青山 経理・会計代行サービス All Rights Reserved.